カウンセリング事業

企業のメンタルヘルス対策については再三にわたって労働安全衛生法が改正され、2015年からは企業のストレスチェックが 義務化される等近年ますますその重要性がクローズアップされています。
そこではメンタル不調者の休職・復職ルールの整備など制度面の手当てと共に、メンタル不調に陥らないための予防策としての ケアの重要性が挙げられています。
その一環としてディアログスでは心の専門家である公認心理師、臨床心理士等によるカウンセリングサービスを実施しております。

ネガティブ感情の蓄積

  • メンタルヘルス不全
  • 離職者の発生
  • コミュニケーション不足に伴う
    業務効率低下
  • 無意識的サボタージュ(なんだか気が乗らない、なんとなく身が入らない)
  • ネガティブ感情の伝播と波及

ネガティブ感情の蓄積は同時に高ストレス状態を生み出し、メンタルヘルス不全、業務効率低下につながります。

また、高ストレス状態を生み出す原因は職場の中にだけあるとは限りません。家庭生活や友人関係、ご本人が抱える生き辛さの中からもネガティブ感情は蓄積し高ストレス状態を生み出すことがあります。

これら職業生活外のストレスをも業務のパフォーマンスに影響を与える状況が発生する一方で職業生活外の悩みを職場内の他人にプライベートを打ち明け相談することは容易なことではありません。

カウンセリングでは公認心理師、臨床心理士等の心の専門家が丁寧にお話を伺いながら、症状によっては心理療法や先進の対話技法(ダイアローグ)などの技術を活用して、明るい未来へ向かって行ける心の活力を取り戻すお手伝いをいたします。

カンパニーカウンセラーの役割

上司への相談は相談相手の心証を害してしまうこと(自己の人事評価へのマイナス影響)への恐れがある

自己の人事評価へのマイナス影響を気にすることなく社外の専門家に気がねなく相談できる。

社内の相談相手に自己の内面(本心)を知られてしまうことへの恐れがある
=心理的安全が担保されていないと自己開示は困難

守秘義務を課された公認心理師、臨床心理士などの専門家に相談することでプライベートを会社に知られることなく相談できる。

個人契約だとカウンセリングに足を運ぶかどうかは本人任せで気付いた時には重症化している。
対処できないまま退職に至ってしまうケースが多い。

福利厚生の一環として継続的なケアが期待できる。
重症化する前に早期の対応で退職に至る前に対応することが可能。

その他にも、

  • 話を聞いてもらえてすっきりする。
  • 自分のことを理解してもらうことによって孤独感や不安感から救われる。
  • 対話の中により内省的な思考(内的対話)が進み、新たな気づきを得られる。
  • 心の専門家ならではの助言がもらえる。

などなど、カウンセリングにはいろいろなメリットがあります。

Q:(社内)雇用カウンセラーや(外部)委託カウンセラーと何が違うの?
A:対応業務の範囲が大きく違います。社内雇用カウンセラーがヒエラルキー上位の管理者・経営者のカウンセリングを行うことは困難です。また外部委託カウンセラーが社内の対話力育成や組織開発、インシデント対応のオブザーバー業務を行うことは基本的にありません。しかし、カンパニーカウンセラーはクライアント企業との長期的信頼関係を基礎として社内人事担当者(≒管理者) の聴く力(傾聴力)と対話力の育成、対話による人間関係の改善風土醸成など長期的・発展的視点でクライアント企業をサポートします。

カンパニーカウンセラーの対応領域図

カンパニーカウンセラーの対応領域図

カウンセリングの内容と料金

対面カウンセリングカウンセリング

心の専門家であるカウンセラーが御社を訪問し、対面カウンセリングを行います。
事業所規模等企業様のご希望によりスポット⇒月1回⇒月2回⇒月4回と利用頻度のメニューをお選びいただけますが、『初めての利用で固定経費が発生するのはちょっと。。。』とお感じになる企業様はまずはスポットのカウンセリングセッションでカウンセリングというもの身近に感じてみてください。
新入社員、異動者、復職者など重点的にケアを行いたいターゲットがある場合は顧問契約の無料オプションを活用すると より効果的です。

  • お問合せ

  • ニーズ聞き取りと
    サービス内容説明

  • 月訪問回数決定と
    料金お見積り

  • ご契約

カウンセリングのメニューセッションの頻度および時間料金交通費
カウンセリングのメニュー
スポットの
カウンセリングセッション
セッションの頻度および時間
申込の都度
1回50分
料金
10,000円/1回/50分
交通費
別途
カウンセリングのメニュー
月1回のカンパニー
カウンセラー顧問契約
セッションの頻度および時間
現地滞在5時間
最大1日5人まで
原則1回あたり50分間です
料金
50,000円/月
(月あたりの契約時間 5時間)
交通費
別途
カウンセリングのメニュー
月2回のカンパニー
カウンセラー顧問契約
セッションの頻度および時間
現地滞在5時間
最大1日5人まで
原則1回あたり50分間です
料金
90,000円/月
(月あたりの契約時間 10時間)
交通費
別途
カウンセリングのメニュー
月4回のカンパニー
カウンセラー顧問契約
(当該月5回目はお休み)
セッションの頻度および時間
現地滞在5時間
最大1日5人まで
原則1回あたり50分間です
料金
160,000円/月
(月あたりの契約時間 20時間)
交通費
別途

無料オプションは継続的な関与が必要になりますので、カンパニーカウンセラー顧問契約をいただいているクライアント企業様のみご利用が可能です。

顧問契約の無料オプションカンパニーカウンセラー顧問契約の時間枠内で行える支援
顧問契約の無料オプション
新入社員支援プログラム
カンパニーカウンセラー顧問契約の時間枠内で行える支援
新卒入社、中途入社ともに定着のカギは入社後最初の3か月間にあると言っても過言ではありません。新卒入社の場合は、入社前とのイメージギャップや未確立の職業観(仕事観)、中途入社の場合は元職との社風の違いやスキルを活かした活躍のチャンスの有無など入社前の期待値が大きければ大きいほど躓きのリスクは高まります。これら新入社員に対し職場定着できるよう定期的な面談を行いメンタル面でのフォローアップを行います。
顧問契約の無料オプション
異動者支援プログラム
カンパニーカウンセラー顧問契約の時間枠内で行える支援
異動後の環境の変化は大きな心理的負担(ストレス)をもたらし、メンタル不調につながりやすいため「異動前」および「異動後」にストレスチェックとカウンセリングを行います。場合によっては異動前または異動後の上司にもカウンセリングを行います。
顧問契約の無料オプション
復職者フォローアップ
カウンセリング
カンパニーカウンセラー顧問契約の時間枠内で行える支援
復職時は面談者自身の生活環境変化に加えて、休職前と復職後の社内環境の変化や、休職中についてしまった周囲同僚との差など「負い目」、「焦燥」、「疎外感」などの感情が心理的負担(ストレス)をもたらしがちであるため、スムーズに職場復帰できるよう定期的な面談を行いメンタル面でのフォローアップを行います。特に育児・介護休業者の職場復帰に関しては公的助成制度もあります(令和2年現在)ので職場復帰プログラムにリンクした取り組みがおすすめです。

よくあるご質問

Q:巡回日ごとに異なる拠点でカウンセリングを行っていただくことはできますか?
(例:1週目は大阪本社、2週目は名古屋支社)
A:可能です。各回の交通費は別途請求となりますので月締めで積算して月次料金と共にご請求いたしますのでご了承ください。
Q:契約当初の相談件数が少ない間もカウンセラーは相談室に来て座っているだけなのですか?
A:初期は参与観察や休憩時間のコミュニケーションを通じてスタッフの皆様との信頼関係を構築し、相談をしやすくなる環境整備を行い、 相談件数の増加にしたがって本格的なカウンセリングセッションへと移行していきます。
カンパニーカウンセラー契約は基本的に長期契約になりますので、契約先企業のみならず現場スタッフの皆様とも信頼関係を結び、 気軽に相談できる関係性を構築するよう担当カウンセラー各位に指導しております。
(※参与観察とは会社の業務に支障のない範囲でスタッフの方と一緒に作業を行い信頼関係を構築し、 相談をしやすくなる環境を整備するとともに会話の中から各個人の悩んでいることなどを聞き取りしていく作業です。)
Q:相談者が増えてきました。月1回⇒月2回に増やしたいのですが?
A:訪問回数は基本契約書に付属する個別契約(覚書)の中で決定しますが、個別契約変更(増額変更)は 可能です。この場合、個別契約の内容(回数)の変更は個別契約約定の翌月以降適用されます。
Q:相談者の居ない空き枠の時間を利用して「メンタルヘルスの社内セミナー」を行ってもらうことはできませんか?
A:空き枠の範囲中で日時、開催場所、参加人数などご相談を承ります。担当カウンセラーにご相談ください。
Q:大規模な部署異動があり2カ月だけ定期訪問以外に訪問日数を増やしてほしいのですが?
A:月1回単価の整数倍になりますが、スポットで訪問回数を一時的に増やすことはできます。毎月複数回訪問が常態化するようであれば 個別契約の内容変更(増額変更)の変更をお勧めいたします。
Q:従業員の家族(同居被扶養者)が悩みを抱えており、従業員本人も大変心配しています。定期訪問時に当該従業員の家族(同居被扶養者) のカウンセリングを行っていただくことはできますか?
A:(家族療法を対象に含む場合は)あらかじめ個別契約の内容に従業員の家族(同居被扶養者等)を来談者の範囲に含む特約を盛り込む必要があります。

エグゼクティブカウンセリング

役員以上の経営者クラスの方限定のカウンセリングセッションです。重責を担う方々の悩みに寄り添い明日への活力を取り戻し、リフレッシュしていただくためのカウンセリングサービスです。
面談者様本人の個人情報に関する公認心理師法に定める守秘義務を遵守することはもちろんのこと、経営の機微に関わる機密情報やインサイダー情報の守秘に特に留意してカウンセリングサービスを提供いたします。

カウンセリングのメニューセッションの頻度および時間料金交通費
カウンセリングのメニュー
スポットのエグゼクティブ
カウンセリングセッション
セッションの頻度および時間
申込の都度
1回90分
料金
20,000円/1回/90分
交通費
別途
カウンセリングのメニュー
カンパニーカウンセラー顧問契約 がある会社様のエグゼクティブ カウンセリングセッション
セッションの頻度および時間
顧問契約の中の時間枠で実施。
原則1回あたり90分間です。
(同一社屋内で原則行う。)
料金
顧問契約料金の中に含む。
交通費
顧問契約訪問時の
交通費に含む。

ポスト・コロナのオンラインカウンセリング

オンラインカウンセリング風景

ポスト・コロナの就業形態は(在宅勤務など)大きく変化し、労使ともに戸惑いながら新しい形を模索しています。
ビジネスタイムとプライベートの境界が曖昧になり、上司、同僚、後輩などチームメンバーと直接顔を合わせることも少なくなり組織への帰属意識(帰属欲求や承認欲求の充足要素)も希薄になる中で個立し、孤立がちなメンバー個人のモチベーションとメンタルヘルスを どのように保っていくかはポスト・コロナ時代の新しい課題となっています。
ディアログスでは、守秘義務を課された公認心理師、臨床心理士などの専門家が全国各地の事業所においてカウンセリングを必要とするスタッフに対して対面カウンセリング同等のサービスをオンラインにて提供いたします。

オンラインカウンセリング

テレビ会議を行うことができる設備環境があり、面談者様本人の個人情報に関する守秘義務が遵守できる限りにおいてはテレワークスタッフなど面談者ごとに異なる場所であってもカウンセリングセッションを同日に組むことができ、遠隔地でも別途交通費がかからないのが大きなメリットです。

カウンセリングのメニューセッションの頻度および時間料金交通費
カウンセリングのメニュー
スポットのオンライン
カウンセリングセッション
セッションの頻度および時間
申込の都度
1回50分
料金
10,000円/1回/50分
交通費
無料
カウンセリングのメニュー
月1回のカンパニー
カウンセラー顧問契約
(オンライン)
セッションの頻度および時間
現地滞在5時間
最大1日5人まで
原則1回あたり50分間です
料金
50,000円/月
予約満員で1回あたりは
(10,000円/1回/50分)
交通費
無料
カウンセリングのメニュー
月2回のカンパニー
カウンセラー顧問契約
(オンライン)
セッションの頻度および時間
現地滞在5時間
最大1日5人まで
原則1回あたり50分間です
料金
90,000円/月
予約満員で1回あたりは
(9,000円/1回/50分)
交通費
無料
カウンセリングのメニュー
月4回のカンパニー
カウンセラー顧問契約
(オンライン)
(当該月5回目はお休み)
セッションの頻度および時間
現地滞在5時間
最大1日5人まで
原則1回あたり50分間です
料金
160,000円/月
予約満員で1回あたりは
(8,000円/1回/50分)
交通費
無料

エグゼクティブカウンセリング(オンライン)

役員以上の経営者クラスの方限定のオンラインカウンセリングセッションです。対面同様のオンラインカウンセリングサービスを提供いたします。
テレビ会議を行うことができる設備環境があり、面談者様本人の個人情報に関する守秘義務、経営の機微に関わる 機密情報やインサイダー情報の守秘が確保できる場合はご自宅等会社以外の場所でもオンラインカウンセリングサービスを 受けることができます。

カウンセリングのメニューセッションの頻度および時間料金交通費
カウンセリングのメニュー
スポットのエグゼクティブ
カウンセリングセッション
(オンライン)
セッションの頻度および時間
申込の都度
1回90分
料金
20,000円/1回/90分
交通費
無料
カウンセリングのメニュー
カンパニーカウンセラー顧問契約 がある会社様のエグゼクティブ カウンセリングセッション
(オンライン)
セッションの頻度および時間
顧問契約の中の時間枠で実施。
原則1回あたり90分間です。
(同一社屋内で原則行う。)
料金
顧問契約料金の中に含む。
交通費
無料

オンラインカウンセリングについての注意点

クライアントの「表情」や「表面に現れる仕草」など、非言語の対話情報や言葉の微妙なニュアンスなど重要かつ機微な情報をつかめないため、現在のところ電話のみでのカウンセリングは基本的に行っておりません。
また、自傷の既往があるなど過去の症状や現在の重症度に鑑みて、クライアント個人につき「緊急(発作)時に他者の救護を期待できない隔絶した場所」でのオンラインカウンセリングに適応ではないと弊社が判断した場合は、オンラインカウンセリングを受けられない場合があります。

カウンセラーの紹介

カウンセラー

代表カウンセラー 岡田由佳 
(公認心理師 登録番号 第17251号)

京都橘大学教育学部 心理学科卒

奈良県女性センター・子ども家庭相談室 勤務を経てスクールカウンセラーとして教育現場におけるカウンセリングに携わっています。(個人のカウンセリングは近年は年間のべ200人を超えています。)

また、2002年より私自身が新規創業し、現在も運営に携わる事業法人で長年にわたり個人・法人への多岐にわたる顧客サポートおよびクレーム対応業務に心理学と対話技法を取り入れ、「従業員」「経営者」「顧客」等企業に関わる全ての「ヒト」の人間関係を良好にマネジメントするリスクマネジメント心理学を実践してまいりました。

これらの心理臨床専門家と事業経営者(組織運営者)の経験を活かし、外部の複数企業の社外取締役やカンパニーカウンセラー(企業顧問心理師)として活動するとともに、スクールカウンセラーとしても学校管理職や現場教員の対話力の育成と危機対応能力向上のための支援に力を入れています。