企業の対話と心理学に関するセミナー・研修会

医療、福祉、産業、教育等様々な分野の現場で今注目されているオープンダイアログと、その対話を円滑にする心理学の知識や技法について各分野の専門家によるセミナー形式、オンライン形式、実践形式での研修教育事業を行っています。

実地研修
実地研修
オンライン研修
オンライン研修

受講申込受付中の講座

研修会名

基礎から学ぶ!ダイアロジカルプラクティスのすすめ 第2期

研修内容
Dialogus(関西ダイアローグ実践研究会)がお送りする、ダイアローグ(対話)プラクティス第一弾のセミナーです。

フィンランドの西ラップランドで発展し、世界が注目するオープンダイアローグは、クライアントとネットワークによる開かれた対話を介して、危機状況を乗り越えようとする画期的なアプローチです。

また、アンティシペーション・ダイアローグズは、同じフィンランドで福祉や教育領域での対話的援助として開発され、幅広く実践されています。

それぞれ高い治療・支援効果を示すだけでなく、対人援助の原点とも言うべき臨床哲学を基盤とした革新的な方法論として、様々な領域への応用が期待されています。

今回は、Nagoya Connect & Shareの白木孝二先生に、基本的なダイアローグの概要を踏まえた上で、これまで白木先生が本場フィンランドで学び、感じて来られた事や、これからのダイアローグの進むべき道、白木先生が考えるダイアローグについて、時間の許す限りZOOMにて講義を行っていただきたいと考えています。

(ダイアローグ(対話)の第一人者、白木孝二先生の記念すべき初ZOOM講義です。)

ブリーフセラピー、オープンダイアローグ/アンティシペーションズに関して多少なりとも知識、経験をお持ちの方が対象ですが、それにこだわることなく、さらなる実践的な臨床・援助能力・姿勢のレベルアップを目指そうという方々なら大歓迎です。

また、セミナー終了後、同日21時より、ZOOMにて振り返りを含む飲み会を開催します。お好きな飲み物や食べ物を片手に、本日学んだことだけでなく、皆様の普段のお仕事や私生活など、白木先生を囲んで色々ダイアローグできればと思います。
定員
100名
内容
テーマ「基礎から学ぶ!ダイアロジカルプラクティスのすすめ」
講師

白木孝二先生(Nagoya Connect & Share代表、臨床心理士)

講師プロフィール
名古屋市児童福祉センターに勤務
相談課(児童相談所、児童心理司)
くすのき学園(情緒障害児短期治療施設、セラピスト)
療育室(障害児総合通園センター セラピスト)

1991年 米国、ウィスコンシン州、ミルウォーキー市のBrief Family Therapy Centerにて、Residential Trainingを受ける
1997年~2002年 日本ブリーフ・サイコセラピー学会 常任理事
2002年8月,2003年6月,9月 米国、テキサス州、ヒューストン市の Connections Centerにて、 RDI® workshop for professionals を受講  Rachelle,K.Sheely,Ph.D.のスーパービジョンを経て
2005年 RDI® Program Certified Consultant 資格取得
2007年より現職

日程
2020年6月21日(日)
【第一部:セミナー】13:00~16:00 (申込受付6/18まで)
【第二部:振り返り】21:00~23:00(お好きな飲み物を片手に振り返り)
受講形式
オンライン形式(ZOOM使用)
料金
早期申し込み:8000円(税込)
事前申し込み:8800円(税込)
※お申し込み後のキャンセルはお受け致しかねます。
* ZoomのURLは後日、Peatix経由またはinfo@dialogus.jpよりご案内します。
対象者
医師・看護師・心理士など、対人援助に関わる方
受付人数
50人
最小開講人数
10人
その他
 

受講申込受付を終了した講座

研修会名

基礎から学ぶ!ダイアロジカルプラクティスのすすめ

研修内容
Dialogus(関西ダイアローグ実践研究会)がお送りする、ダイアローグ(対話)プラクティス第一弾のセミナーです。

フィンランドの西ラップランドで発展し、世界が注目するオープンダイアローグは、クライアントとネットワークによる開かれた対話を介して、危機状況を乗り越えようとする画期的なアプローチです。

また、アンティシペーション・ダイアローグズは、同じフィンランドで福祉や教育領域での対話的援助として開発され、幅広く実践されています。

それぞれ高い治療・支援効果を示すだけでなく、対人援助の原点とも言うべき臨床哲学を基盤とした革新的な方法論として、様々な領域への応用が期待されています。

今回は、Nagoya Connect & Shareの白木孝二先生に、基本的なダイアローグの概要を踏まえた上で、これまで白木先生が本場フィンランドで学び、感じて来られた事や、これからのダイアローグの進むべき道、白木先生が考えるダイアローグについて、時間の許す限りZOOMにて講義を行っていただきたいと考えています。

(ダイアローグ(対話)の第一人者、白木孝二先生の記念すべき初ZOOM講義です。)

ブリーフセラピー、オープンダイアローグ/アンティシペーションズに関して多少なりとも知識、経験をお持ちの方が対象ですが、それにこだわることなく、さらなる実践的な臨床・援助能力・姿勢のレベルアップを目指そうという方々なら大歓迎です。

また、セミナー終了後、同日21時より、ZOOMにて振り返りを含む飲み会を開催します。お好きな飲み物や食べ物を片手に、本日学んだことだけでなく、皆様の普段のお仕事や私生活など、白木先生を囲んで色々ダイアローグできればと思います。
定員
100名
内容
テーマ「基礎から学ぶ!ダイアロジカルプラクティスのすすめ」
講師

白木孝二先生(Nagoya Connect & Share代表、臨床心理士)

講師プロフィール
名古屋市児童福祉センターに勤務
相談課(児童相談所、児童心理司)
くすのき学園(情緒障害児短期治療施設、セラピスト)
療育室(障害児総合通園センター セラピスト)

1991年 米国、ウィスコンシン州、ミルウォーキー市のBrief Family Therapy Centerにて、Residential Trainingを受ける
1997年~2002年 日本ブリーフ・サイコセラピー学会 常任理事
2002年8月,2003年6月,9月 米国、テキサス州、ヒューストン市の Connections Centerにて、 RDI® workshop for professionals を受講  Rachelle,K.Sheely,Ph.D.のスーパービジョンを経て
2005年 RDI® Program Certified Consultant 資格取得
2007年より現職

日程
2020年6月21日(日)
【第一部:セミナー】13:00~16:00 (申込受付6/18まで)
【第二部:振り返り】21:00~23:00(お好きな飲み物を片手に振り返り)
受講形式
オンライン形式(ZOOM使用)
料金
早期申し込み:8000円(税込)
事前申し込み:8800円(税込)
※お申し込み後のキャンセルはお受け致しかねます。
* ZoomのURLは後日、Peatix経由またはinfo@dialogus.jpよりご案内します。
対象者
医師・看護師・心理士など、対人援助に関わる方
受付人数
50人
最小開講人数
10人
その他
 

この研修会は終了いたしました。